X
  • 登录
  • 注册


十天内免登录
忘记密码? 密码登录

人材開発支援助成金

一 受給条件

#従業員に受講させるコース内容が、自社の業務内容に直結していること

#労働関連での法令違反や保険料に未納がないこと

#正社員

二 申請の流れ

1.事前に訓練計画を策定する

2.どの書式の書類が必要かを管轄の労働局に相談する

3.訓練を開始する1ヶ月前までに労働局に申請する計画書を作成する

4.訓練終了後2ヶ月以内に支給申請書を管轄労働局へ提出する

5.計画通りに訓練が実施されたかの審査を受ける

三 助成金補助額(例)

●企業規模:中小企業(人材開発支援助成金の中小企業事業主の判断基準による)

●研修費用:10万円/人

●研修期間:1ヶ月(30時間)

●研修人数:5名

●研修費用:500,000円

| 助成金支給額

賃金助成(30時間×760円×5名)=¥114,000-

経費助成(10万円×45%×5名)=¥225,000-

●助成金合計 = ¥339,000-

| 実質研修費用

実質負担金(50万円-33.9万円)=¥161,000-

※1か月の研修が、1人当たりたったの32,200円で受講できます!

雇用調整助成金(教育訓練)

一 受給条件

1 去年同期5%売り上げ減少

2 6か月以内解雇がない

3 休業手当60%以上

4 出勤時間帯3時間以上受講

5 雇用保険加入

二 申請の流れ

1 申請書類の用意

2 管轄ハローワークへ提出

3 提出から2か月ほど受給される

三 助成金補助額(例)

●企業規模:中小企業(人材開発支援助成金の中小企業事業主の判断基準による)

●研修費用:10万円/人

●研修期間:1ヶ月(30時間、毎日3時間)

●研修人数:5名

●研修費用:500,000円

●御社は休業協定により待機者の60%賃金支払い、5名社員全部20万賃金とする場合

| 助成金支給額

●賃金助成(20万円×60%×5名)=¥600,000-

●経費助成(2400円×5×5名)=¥60,000-

●助成金合計 = ¥660,000-

| 実質研修費用

●実質負担金(50万円-6万円)=44万円

●※1か月の研修が、1人当たりたったの88,000円で受講できます!

中小企業人材オンラインスキルアップ支援助成金

一 確認事項

1 受講者は雇用保険に入っていること

2 都内に事業所の登記があること

二 御社が用意する書類(申請時提出)

          

1 申請書

2 訓練計画

3 受講者名簿

4 誓約書

5 6か月以内の登記原本

6 6か月以内の印鑑証明書原本

7 法人事業税・法人都民税の納税証明書原本

8 会社案内

9 組織図(従業員数が分かるもの)

10支払金口座振替依頼書

11チェック用紙

12労働保険料等基礎賃金等の報告(事業主控え)または確定保険料・一般拠出金算定基礎賃金集計表の写し(小規模企業のみ)

※実績提出書類はスタッフからの添付資料を参考してください

三 弊社が提供する書類(申請時提出)

1 eラーニングの内容、訓練時間、経費(受講料、ID登録料、管理料) 及び教育機関等の概要が確認できる受講案内

弊社が提供する書類(実績報告時提出)

1 ①教育機関等が交付した、受講の修了が確認できる書類

例 修了証書、受講証明書 等

②受講履歴が確認できる書類

(交付申請時に提出した受講者名簿に記載された者全て)

例 管理者ページ等から受講状況が確認できる書類を印刷したもの 等

2 受講料等の支払いを確認できるもの(領収書の原本、請求書)

※当助成金の支給決定額は支給額ではありません。弊社(イーライフシステム株式会社)は情報提供側であり、助成金の支給額について責任を負いかねますので、ご了承ください。

郵送先

 

※実績提出時、「実績報告書在中」

 

お問い合わせ先

東京都産業労働局 雇用就業部

能力開発課 認定訓練担当

電話:03-5320-4718